マックちゃんのブログ♪
ご来店ありがとうございます☆maplestory椛鯖のマックの賊のblogです♪



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






まぁくどなぁるどぉ(Bクルー編) | マックの体験(リアル)

ハロゥ(*´・ω・)ノ♪゚+。 マックです(・∀・)


本日メンテナンスでBGM取り付けました。


音量は下げてありますが・・・うるさかったらすいません^^;





ご紹介しておきます。


cranky様という方が曲作成を行ってまして


この方の作る曲が、自分(*´∩ω・`)つ 大 女子 キ ♪


ってことで、ブログBGMに使用することにしました(・∀・)b


1番好きな『J219』という曲です^^








さてと・・・マックリアル紹介第3弾Bクルー編


ひさびさに書きましょうか。





前回までの記事を、先に読んでないとわかりにくいかも・・・





→のCATEGORYから


マックの体験(リアル)を選択すると読めますので^^;





---------------------------------------------------


時は、5年前4月。


少年マックは、高校2年生なりたての16歳。





マック「Oさん、やめていきましたね。」


Kさん「就職だからな^^」


マック「・・・・・・・」


マック「まぁでも、Oさんの右腕だったKさんがいれば^^」


Kさん「一応・・・俺が後継ぎのトレーナーだからな。」






ということで、前回「男は迷ったらGO!」を教えてくれた彼。


Oさんですが・・・





定年のため====○)Д)゚゚━━!!


就職のため、バイトの道から去っていきました。





マクドナルドのバイトを始めて1年間


さすがに、僕も慣れてきています


そうすると・・・





マック「今日学校でさぁ・・・こんなことあってさ^^」


新人 「あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)」


マック「そんでもってあれよ?・・・こんなんで^^」


新人 「それ!まぢおもしれ~っす!!!!」


2人 「あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*)」






Kさん「ヽ(´ー`)ノゴゴゴ…━(ノдヽ)━( 乂 )━━━ヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!」


マック「Σ(=∇=ノノヒィッッー!!」


新人 「Σ(=∇=ノノヒィッッー!!」





Kさん「おまえら・・・バイト中だぞ!!!!!!!!!!」


Kさん「なにしてやがんだ!!!!!!!!!!!!!」





マック「ご・ごめんなさい(´・ω・`)」


Kさん「マック!」


Kさん「さっき頼んだハンバーガー30個出来てんだろうな?」


マック「!!!(忘れてた)」


Kさん「ま・・・さ・・・か・・・な?^^」


Kさん「ヽ(´ー`)ノゴゴゴ…━(ノдヽ)━( 乂 )━━━ヽ(゚Д゚)ノゴルァァア!!」









こんなこともありました^^;


そりゃもう大目玉です(´・ω・`)









Kさん「マックちょっとこっちこい!」


マック「(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル」





Kさん「新人!お前は厨房の中見てろ!やばくなったらすぐに呼べ?」


新人 「は・はいぃぃっ!!!!」











Kさん「どういうことか説明してもらおう。」


マック「お客さんこないんで暇で(´・ω・`)」


マック「つ・つい話こんぢゃって Orz」





Kさん「Bクルーのお前がしっかりしないでどうする!!!」


マック「は・・・はい。」





Kさん「そもそも、おめぇは声がでかい!」


マック「むぐ・・・」


Kさん「お客さんまで・・・丸聞こえだ。」





Kさん「まぁ、話してたのは大目に見てやるよ。」


マック「d(d・ω・*)oO━тнайк чоц━Oo」


Kさん「なんで頼まれたことやらずに話してんだ?」


Kさん「最悪でも、やることやってからにしろ!」


マック「ごめんなしあぁぁ(´ぅω;`)」





Kさん「いいか?男は何でもケジメってもんが必要なんだ。」


Kさん「遊ぶときは遊ぶ、働くときは働く。」


Kさん「ここまでわかったか?」


マック「はい!!!!!!!!!!」





Kさん「俺の名言だ。覚えておけ?」





Kさん「やるときはやる





Kさん「意味はだな・・・普段は適当でもなんでもいい。」


Kさん「やらなきゃいかん時に、しっかり物事をこなせる人になれ!」


マック「(´;ω;).。oOシクシク」





Kさん「この言葉がお前の人生に役立つことを願うよ。」


マック「はい!(*′艸`*)☆゚.+:。アリガト゚.+:。☆」





Kさん「よし、仕事に戻れ!」









はい。これです。


『やるときはやる』


僕が1番好きな言葉です。





皆様覚えておいてください。











更に半年たって・・・。





Kさん「お前も、仕事できるようになったな。」


マック「(*′艸`*)☆゚.+:。アリガト゚.+:。☆」





Kさん「よし、いいだろう。お前を今月からAクルーにする。」


マック「ワ─。.゜+:ヾ(*・ω・)シ.:゜+。──ィ♪」





Kさん「Aクルーということは・・・だな?」


Kさん「1人前でみんなの模範となる人だ。期待するぞ?」


マック「頑張ります!」








こうしてAクルーになります。








Kさん「と・・・・いうのもだな?」


マック「(´・ω・`)?」





Kさん「俺は、半年以内にトレーナーを作るという任務がある。」


Kさん「候補者は1名しかいない。マックお前だ。」


マック「ト・ト・トレーナー!?!?」


マック「OさんやKさんの立場に・・・僕が?」





Kさん「当然・・・今のお前ではなれやしない。」


Kさん「半年間死ぬ気で叩き込む。そのためのAクルーだ。」


マック「出来る限りで頑張りまs・・・」





Kさん「今日から週6!フルで来てもらう。半年。」


マック「ちょwwwwwwwwwwwwwwwww」






ということで、死ぬ気で働くことになりました。


彼の猛特訓のおかげさま


晴れて半年後、4月でトレーナーとなります。





今日は、ここまでです。





大事なポイント





やるときはやる





この言葉の真髄を理解したとき、


きっと素晴らしい人になっているでしょう。





いつでも、フルパワーで生活したらくたばります


そりゃそうです。


ある程度、手を抜くことが必要なんですね。





では、いつ手を抜いても良いポイントなのか。


いつやるべき時なのか。





この判断が出来るようになるには、


物事の全体を見れるようになる必要があります。





役に立ったかな?少しは^^;





んぢゃメイポ~


☆~~ヾ(o・ω・o)マタネェェ~♪














ギルドメンバーREDへ^^





今後予定される人生の逆算をしてみてください。


『やるときはやる』を明確化してください。


周りに流されず、自分の意見を持ってください。






僕に出来ることは、ここまでです。

スポンサーサイト
【2006/03/16 20:29】   トラックバック(0) | コメント(12) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑






| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。